こまるブログ

ハイパーイケメン兼業トレーダーこまるの株中心の雑記ブログ。

スポンサーリンク

コーギーを飼う前に知っておいてほしいお金の事

こまるです(・ิω・ิ)

 

今日はワンコの話です。

うちには4歳になるコーギーちゃんがいます。

 

胴長・短足・ぷりぷりのお尻の愛くるしいフォルムが有名のコーギーちゃん。

 

その分、腰や関節に負担がかかりやすいので病院もかかる事が多くなります。うちのコーギーちゃんも小さい頃から病院通いをしてました。

 

コーギーはどうしてもお金がかかりやすい犬種だと思いますが、だいたいどれくらいかかるのかをうちのコーギーちゃんをモデルにまとめていきたいと思います。

 

あくまでうちのモデルケースですが、これからコーギーを飼おうとしている人の参考になれば幸いです。

 

 

こまる家コーギーのスペック

 

まずは顔を見てもらいましょう。こちらです。

 

f:id:komaru02:20190502002715j:plain

 

はい、とってもかわいいですね。

 

ちょっと目がね、左右に離れちゃうんですねえ。

 

そんなところもかわいいですォ。

 

さてさて、こちらのコーギーちゃん。

病院通いをしていると先ほど書きました。

何で病院通いしているかと言うと、まずはアレルギーです。

 

体をよく掻く子でして、調べてみるとアレルギー持ち。

 

食べ物で言うと小麦と牛肉。

それからスギやら花粉系。

それとGことゴキ。

 

特に食べ物系は大変です。

おやつ買うにも小麦が入ってないかチェックが必要。

とにかく掻いてしまうのでアレルギーの薬が必須。

 

それから関節系が弱いです。

 

よく腰や脚を痛めます。

調べてみると、背骨の数が8個らしく。

 

普通のワンコは7個で、6個の子はたまにいるらしいけども8個と多いのはめずらしいみたいで。確かになんか…長い…気がする…。

 

f:id:komaru02:20190502004332j:plain

 

多い分には少なからず影響はあるようで…よく関節を痛めるのもそのせいなんだと思います。ですのでいつも関節系のサプリを飲ましております。

 

それと今は影響ないと思いますが、生後二か月で腹水がたまる病気にもなりました。

 

そんな感じのコーギーちゃんですのでモデルケースとしてはすこーし平均よりかかる費用が高いかもしれませんのでご了承くだされ(・ิω・ิ)

 

食費

 

まずは食費。

だいたい月に約3,500円くらいです。

 

小麦&牛肉アレルギーを避け、関節が弱いのであまり太らないような健康的なもの。

 

という事でこいつを食べさせています。

 

 

これですね。これ大好きです。

カリカリのやつ。

パッケージもコーギー。間違いない。

 

この9㎏のやつが大体7,000円弱で売ってて、1袋で2か月くらいもちます。

 

消耗品費

 

食費以外でかかるものです。

うちでは主にトイレシート、足ふきシートが中心。

その他にたまにハーネスとかかな。

 

昨年かかった費用を月平均にしてみると約2,500円くらいでした。

 

まあおもちゃとかもあるしね。

1日でボロボロにする事とかザラだけど…(´;ω;`)

 

医療費

 

うちのコーギーちゃんはここがかなりかかってしまいます。

 

毎月掛かる金額は6,500円

これにケガやら関節の不調があるとプラスアルファって感じ。

 

4,500円の内訳はまずアレルギーの薬代が4,500円。

体への負担がほぼ無いらしい新しいお薬に変えたので、1粒300円と高価。

 

で、これを1日おきに飲ませているので300円×15日分の計算です。

 

花粉が多い時期になって、かゆがりだすと毎日飲ませたりするのでその時はもっとかかります。

 

残りの2,000円は関節系のサプリ。

 

ニューロアクト 犬猫用 60mL

ニューロアクト 犬猫用 60mL

 

 

これを毎日、夜ご飯にかけて食べさせてます。

これ1瓶がだいたい1ヵ月で無くなるのでそれくらいかなと。

 

医療費は保険適用になるので、負担はもう少し軽くなりますがとりあえず実際にかかった金額を書いております。保険については後ほど。

 

美容院代

 

まあ美容院っていうか、シャンプーですな。

 

コーギーちゃんは毛がめっちゃ多く抜けやすい犬種なので、毎月シャンプーしないと抜け毛がひどい上にすげえ臭くなります。夏はカットもしてもらう。

 

自宅でやればいいんだけども、やっぱりプロにやってもらった方が綺麗になるし、排水溝も汚れないしでオススメです。

 

これが毎月約6,000円

 

お店によって違うだろうけど、コーギーだと大体これくらいかなあと。

 

その他の特別出費

 

毎月かかるお金以外にかかるもの。

1年に1回必要になってきます。

 

混合ワクチン…約6,000円

ノミ予防…約8,000円

フィラリア予防…約7,000円

狂犬病ワクチン…約4,000円

 

これらは必ず必要になってくるもので、これに追加でたとえば不在時のホテル代とかおやつ代とかがかかってくるかなと。

 

保険金

 

先ほどチラッと書いた保険金。ペット保険ってやつです。

 

これは絶対に入っておいたほうが良いです。

 

うちは産まれてすぐに病気にかかってしまったので、手厚い保険に入れなかったのですが一応保険には加入しています。しかし、保険適用の制限があるのでそろそろアレルギーの薬代が全て自腹になってしまいますのでピンチです…。

 

オススメはアニコムですね。

 

アニコムは動物病院との提携がかなり進んでいて、今やどこの動物病院行っても「アニコムですか?」と聞かれるくらい。

 

アニコムに入っていると、その場で保険適用した会計になるのですごい便利。(他の保険は後から請求するタイプ)

 

ペット保険は何かあってからだと遅いので、飼いだしたらすぐに加入する事をオススメします。マジで。

 

これも会社や規定によってそれぞれですが、大体年間払いで2万~4万くらいのイメージかな。

 

まとめ

 

ここまでをまとめると、毎月必ずかかるお金が約18,500円

 

これに特別出費&保険金までは見ておいたほうがいいと思います。

それから始めはガレージやらサークルやら色々初期費用はかかるのでその分も考えておかなければなりません。

 

この金額がキツいと感じる方は残念ですが、コーギー(というか犬)を飼う事は諦めてください。

 

何度も言いますが、あくまでうちの病気がちなコーギーちゃんがモデルケースですのでこれより安いなんて事は当たり前でしょう。でももっと大変な病気になったらこれ以上にかかってくるかもしれません。

 

最初に腹水がたまった時、実は獣医さんから「この子は育てていくのは大変だよ」とブリーダーへの返却を検討してみたらと言われた事もありました。

 

その理由は、お金がかかるだろうから。

 

きっと色んな病気にかかるだろう、と当時の獣医さんは思ったわけです。

 

確かにその懸念どおり、関節系だったり色々とお金はかかる子になっております。幸いにも大病にはそれ以来かかってないけども。

 

伝えたい事は、ワンコを飼うにはそれなりの覚悟が必要だという事です。

 

ただ可愛いから飼うのではなく、ワンコと一緒に生活していくにはどれくらいのお金が必要なのか、事前にしっかりと計画をたてておくようにしてください。(もちろんお金だけではなく、面倒を見れる環境であるかどうかも)

 

それでも飼いたい、飼っていけるというあなたには、ワンコは払ったお金以上の何かをもたらしてくれるでしょう。

 

f:id:komaru02:20190502015650j:plain

 

たとえば、こんなだらしない笑顔とか…。

 

この笑顔を守る為にも、損切りなんかしてる場合じゃないってぇ事ですよぅ!

 

稼がなければ!

 

こまる(・ิω・ิ)

スポンサーリンク